2008/05/27

日本ではそれをドメスティック。。と言うのです

姐さん家では、時に女性週刊誌的な
会話が繰り広げられる。

ハン姐さんの工場の作業員が
いつものように汗水垂らして働いている。
このくそ暑い中、路上でハンダ付けだ。
その中でも年長(30歳)で、
入れ墨を入れ(タトゥーというのかな?)
いつも上半身裸で歌を歌っている男がいる。

その彼を指差して、ハン姐さんが
「あのこは既婚者だけど
毎日酒飲んで夜の12時に帰るの。
よくないでしょ?」

妻は二十歳そこそこ。子供はおらず、
彼女は働いていないそうだ。

「で、妻のことそんなに愛してなくてね。
お金も家に入れないで、飲み歩いてるの。
妻はいつも家で泣いてるのよ」

「子供いないなら離婚したらいいのに」
と、私。

「離婚は好きじゃないのよ。できないの。
殴るのよ。。。」

妻に生活費を渡さず、酔って帰って
殴る夫。。。それって。。。

ドメスティック〜〜〜!
バイオレンス!!!レンスレンスレンス。。。
(エコー)

しかも、そんなDV男に
「そうでしょ?
あんた、酒呑んで帰って妻を殴ってるのよね?
ちゃんと早く帰って奥さんとご飯食べなさい!」
と言ってしまうハン姐さん。
そして、あんたも言ってやりなって顔で
こちらを振り返るハン姐さん。

えっと〜。。。この国では
そんなにあけすけにDVの話をしちゃうの!?
と驚きながらも、外国人なのをいいことに
かたことのベトナム語で
「最悪だな〜。妻を殴るの?
酒呑んで?あちゃ〜。。。」と
本人を目の前に言ってしまう。
本人はというと、へらへらしている。
悪そうな顔して。。。ほんとに悪い奴だな!おい!

ラン姐さんがぼそっと
「ほんとに、この子はボ・フンだ」
とかなんとか言う。
「ボ・フンってなんだ」と尋ねると
姐さんは「家族に暴力ふるうって意味だよ。
ちなみに辞書に載ってないからね」

そうなのだ。。。姐さんの話は
辞書外の言葉も多く
「わからんから家で辞書で調べるわ」と言うと
「辞書になんか載ってないよ」と
爆笑されることがしばしば☆

そして、私は覚えたての言葉を
使ってみたくてたまらず
彼に「ボ・フン!ボ・フン!」を連発。
姐さんたちも喜んで「ボ・フン」大合唱。
「よ!この暴力男!」
「最低だね!」
「家帰れよ!」
「歯磨けよ!」(?)
彼は(こいつらにはつきあってらんね)って
顔でバイクで走り去っていった。

DV話でさえ、笑顔でネタにする
ベトナムなのでした☆

でも、夫婦(恋人)間の諍い、痴情のもつれで
やれ「硫酸ぶっかけた」だの
手製の爆弾でぶっ飛ばした」だのって
ニュースが流れるベトナムなので
彼が奥さんに仕返しされないことを祈ります。

酒もほどほどにしろよな。。。

注※私は家庭内暴力反対派です

↓ランキングに投票お願いします

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

4 件のコメント:

maru さんのコメント...

なんか笑えない~って感じですね・・・
でも多いみたいですよ、ベトナムでは。暴力は別として、結婚当初は大事にしてくれても、だんだん自分ひとりで遊びに行っちゃったり。ベトナムでは奥さんが主導権を握っているともよく聞くけど、旦那の勝手な行動に耐え忍んでいる奥さんもかなり多いようです。
昔の日本もそんなとこあったんだろうけど、今の日本では即離婚!の傾向にありますよね。最近の日本の女性は仕事もバリバリたくましいから~

buncua さんのコメント...

ベトナム人の旦那は喧嘩すると
妻に手をあげる事が多いようですね。
私も見たことありますが、夫婦喧嘩は
とにかく派手です。
物が飛び交い、怒鳴り声が近所中に
響き渡ります。

pista さんのコメント...

>maruさん
家に入れなきゃいいのに。。。復讐が怖いのかな?(^^;
今の日本でも誰にも相談できなくて悩んでいる人もまだ多いかもしれません。
私の友人のとこも怖かったですよ〜。旦那が包丁持って。。。(やめておきます)
ベトナムはどうかわかりませんが、暴力男を知らず知らず呼び寄せる(?)女の人ってのもあるみたいですからね。

pista さんのコメント...

>bunchaさん
奥さんが言い返せる人ならいいんでしょうけどね。私の友人も修羅場を何度かホーチミンで見たと言っていました。
私は漫画でしか見たことがありませんが、皿とか普通に飛ぶみたいですね☆
「鬼嫁」とか最近はいいますが、結局は「鬼嫁」と「恐妻家」の亭主の組み合わせが一番家庭円満ですよ☆(うち?)