2008/05/06

エステサロン初体験。。。!?


休日、朝一で姐さんから電話があった。

「カフェ行くわよ」と。

寝起きだった私は急いで準備をして
姐さんのアジトへ向かう。時間は8時40分。

「遅い!仕事は9時からなのよ!
しかも(日本手ぬぐいを指差し)
それ、美しくない」

おい!朝っぱらから呼びつけておいて
大和魂、全否定かよ!
よ〜し!やったろうやないかい!
表に出やがれ!(表だけど)

と、言えるはずもなく
「今日、髪が美しくないから」と
薄ら笑いを浮かべる。

カフェーで朝食をとった後
姐さんは簡単に工員に指示をくれ
「これから親友に会いに行くけど、行く?」

9時から仕事じゃなかったんかい!
そうだ。。。姐さんの仕事は
「座って男が運んでくる金を受け取ること」だ。
(現場監督なのだろうか?
いまいち、まだつかめていない)

姐さんの親友(源氏名?ヘレンさん)は
姐さんの娘の勤めるビューティサロン
マネージャーで、きれいな人だった。
いかにも成功している空気を漂わせ

「あなた。。。ジェントルなベトナム語を
話しなさい。でたらめ話してちゃだめよ」
と、いきなり指導。

姐さんは
「新しい先生ができたね」とガハガハ笑う。
「Pista、ヘレン姐さんのところに遊びに行く?」

「エステ?持ち合わせがないよ。。。」

「わはは。遊びに行くだけだから
お金は要らないよ」

不安げな私をヘレン姐さんのチャリの後ろに預け
ハン姐さんは仕事に戻って行った。

エステに着くと
なぜか客がマッサージを受けている部屋に
通され、従業員たちに紹介される。
で、雑誌を渡され、ヘレン姐さんは
どこかに行ってしまう。
雑誌と客のおっぱいを交互に眺めながら
待つこと10分。
ヘレン姐さんは別室に私を連れて行き
「これに着替えなさい」とTシャツを渡す。
わけがわからないまま着替えると
厨房に案内され、神棚に挨拶し
猫に囲まれて、ネギを刻んでいた。

なにを間違ってここにいるのか。。。
(え?エステを受ける金がないなら
ここで働きなさいってこと!?)

その後、従業員たちと昼食をとり
帰ってきた。

なんだったんだ一体。。。

そして、素朴な疑問が残った。
親友がエステサロンのマネージャーなのに
ハン姐さんはなんであんなに太ってるの?

↓ランキングに投票お願いします

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

2 件のコメント:

ちゅちゅろ さんのコメント...

ぶははっ~!!(爆)
すみません、はじめまして。いつも楽しく読見逃げしておりましたが、今日はコメを残せずには帰れませんでした。
ネギ刻んでたって…とうとう身売りされたんですょ、Pista さん(笑)

pista さんのコメント...

はじめまして。
そうですか。やはり。。。
ネギまでは状況を把握できなかったのですが、ニンニクをたたき潰せと言われ、道具を渡された時に(これって、奉公に出されたのか?)と思いました。。。(^^;