2008/06/13

きらきらひかる☆

二胡レッスン(第二回目)

初回はいきなり先生がと化したので
今回はちょっと行く前から緊張。

前日に弓の毛が一本切れたことも緊張の種だ。
な、なんと不吉な。。。

先生にいち早くこのことを伝えねばと
辞書を繰り、バスの中でもずっと
その言葉を念仏のように
頭の中で繰り返す。


「こんにちは!先生!
馬の毛が切れました!」


開口一番こんなことを言う生徒は嫌だ。

先生は劇画タッチで
「な、なんだと!あれほど弓を大事にしろと
言っただろ!新しいのを買え!
100ドルだ!!!」
とは言わず
「ホンサーオ。問題ないよ〜」
と、のほほんとした表情。

そして、切れてぷらーんと垂れ下がった毛を
ぷちっとちぎり
「これで大丈夫」

こんなにほんわかしたお人が
稽古の時には豹変するなんて。。。

そしてレッスン開始。
こないだよりはややマシになったせいか
先生は少し優しくなった。

3日前に先生から
「練習はどうだい?
少しはマシになったかい?」という
メールが来て、恐くなって
慌てて練習した甲斐があった。

今回は「きらきらぼし」の練習。
相変わらず私はジャイアンリサイタル状態。
必死で「ぎ〜〜ら。。ぎ〜ら〜。。。
び〜〜が〜る〜!!」と弾いていると
先生が静かになった。
ふと見ると先生が鼻をほっていた。
先生は私が見ていることに気づいても
なんら慌てる素振りも見せず
鼻に指を入れたまま
  「続けて」
。。。。。。。威厳ねえよ!

罵倒はいい。羽交い締め特訓もいい。
でも!!!
先生が鼻をほるのだけは見たくなかった

。。。。。。。。。。。
家に帰り、ふと思いついて
チャルメラの練習をした。


↓ランキングに投票お願いします

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

2 件のコメント:

nihonngoyaroo さんのコメント...

あ、は!(笑)
鼻ほるの、南北共通!
男だったらまだいい、女が目の前でどうどうとほっているのを見て、興ざめしたこと思いだしました。

いけね、こんどHCMで会う予定の娘(?)もそうだった。
ガク!
「日本では人の目の前でほってはいけません。マナーです。」と言うべきですかね。

pista さんのコメント...

>nihonngoyarooさん
そうなんですよね。キレイなお店でアオザイを着たキレイなお姉さんに鼻をほじられると(しかもそれを床にはらはらと。。。)興ざめですよね。。。(^^;

近く、日本に働きに出るベトナム人生徒がほじっていたら、教えてあげてください。