2008/06/13

2ヶ月ぶりの再会を目前に♪


夫が来る前に
お部屋のお掃除しなきゃ♪とか
鼻の下の牛乳産毛剃らなきゃ♪とか
そんな甘い(?)ときめきよりもまず、
部屋に泊めてもいいものだろうか?という
不安が脳裏によぎった。

ベトナムは社会主義国
ベトナム人同士が友人宅に泊まる時ですら、
届け出が必要と聞いた。

もし私の部屋に泊まれなければ
夫は野宿。(←宿代をケチるため
自分で志願したのだ)



大家さんに尋ねる。


しばし沈黙。


真剣な表情で
đồng ý(同意)」と一言。


恐いよ!どきどきするやん!
OKならにこやかに言ってよ〜!

宿はOK。

最初は学校にも行くつもりだったが
家で予習復習をしていかなければ
授業だけ出ても仕方ないので
1週間休むことにした。


これまたあっさり男性の先生も
女性の先生もOK。


トーイ先生(女性)なんかは
夫が遊びに行きたいと言った村の資料を
用意して、村の成り立ちについて語りだし
店での会話の練習もさせられた。

まずは本屋さんでの会話。
先生が本屋役。私が客。

客「辞書はどこ?」

trời ơi(チョーイオーイ!オーマイガッ!)
がすかさず飛んできた。

まずは挨拶からだろうがよー!と怒られた。
「Xin lỗi、 cho tôi hởi」
「すみません、お尋ねしますが」から始めろと
訂正された。


そして果物屋での会話。

店員「1kg5万ドンです」

客「高すぎる!じゃあ要らない!
隣の店で買うよ」と言ったら

さらに「なめとんのか、こら」くらいの
勢いでチョーイオーイが飛んできた。

そんな言い方をしたら、店の人に失礼だから
料金交渉をしろと言われた。


最後にレストランでフォーを食べた時の会話。

客「お会計お願いします」

店員「5万ドンです」

客「Đắt quá(高すぎだよ!)

普段1万5千ドンのフォーを食べてるので
つい口走ってしまった。

先生の喝が入る


チョーイオーイ!!!

(ふざけんなよ!レベル)


買い物の時はいいが、飲食店で
「たけーよ」と言ってはいけないと
叱られた。


なぜか私より熱いトーイ先生。
なんだかんだ助けてくれて実はいい先生だ。

こないだ携帯の調子が悪くなって
通話の発信・着信、メールの着信はできるのに
なぜか「メールの発信」だけできなくなった時も
携帯会社に電話してくれて、先生たちに
聞き回ってくれて、さらには電話屋さんにまで
バイクでつれてってくれて。。。

でも先生。
「メット一つっきゃないから、
そこらへんにあるの、借りな。
誰のか?そんなの知らないよ。
返せばいいんだよ」と言った時のあなた。。。
ちょっとレディースでしたよ?



↓ランキングに投票お願いします

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

4 件のコメント:

カツ さんのコメント...

旦那さんとの再会、よかったですね。
ベトナム語は難しいですけどPistaさんのブログでベトナムの習慣が勉強出来ます。

pista さんのコメント...

>カツさん
ありがとうございます♪
でも、私のベトナム語の聞き取りは幼稚園児レベルにも達していないので、もしかしたら間違ったベトナムの習慣を書いてることもあるかもしれません(^^;

カツ さんのコメント...

先日、過去のブログを見ていたんですが、Pistaさんの旦那さん、日本人なんですね。
てっきり、ベトナム人かと思ってました。(笑)

pista さんのコメント...

>カツさん
そうですよ。うちの夫は日本人です(笑)
ベトナム人に「顔が日本人っぽくない」って言われてましたけど。。。(^^;