2008/10/02

折り返し地点に思うこと


留学するにあたって「期間は1年」
という約束で出してもらった。

+実はもうひとつの約束があったりして。


「半年経ったら、お前の頑張り
(もしくはへたれ具合)を俺が査定する。
その後の半年は必要ないと俺が感じたら
日本に連れ帰る」と。


あと1週間で半年ですが、
私はベトナム留学を続けられるのか?
それとも強制帰国させられるのか。。。☆


ぶっちゃけたまに、寂しい気持ちが強すぎて
(このまま強制帰国させられてもいいかな)
と思ったり。。。
(でも今帰ったら、なんにもならない)
と思ったり。


こないだ、将軍Thoi先生が私とダニエルに
「愛とお金と健康。一番大事なものは?」
と質問してきた。

私とダニエルはしばし苦笑。

私の回答は
「1.健康 2.金 3.愛」

そしてまた将軍の猛撃にあう。
愛が一番だろ」と。
(ぎゃふん!。。。ではなぜ尋ねる?)

でもその後将軍が

「どこで生きるかが重要なんじゃない。
誰と生きるかが大事なんだ」

と言った、そのセリフがぐさっときた。


期間が1年だとか半年だとか
実はどうでもいいんだよね。
夫は「趣味は妻です」の人なので
(「ごちそうさま」と言われる前に言っておこう。
「めしあがれ」。。。すんません、調子こきました)
彼は日本になんら未練はないんだよね。
私が日本に未練たらたらなんだな、結局のところ。
ベトナムが好きって言ったって
まだ「仮の居場所」の気持ちが強い。


半年後、私が

「ベトナムで俺と暮らさねえか?」

って言える基盤と覚悟さえあれば
ベトナム移住、即決定なんだろうなぁ。。。


と、思う今日この頃。


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

8 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

「愛とお金と健康。一番大事なものは?」
「1.健康 2.金 3.愛」
まったく同じ順番になります、自分も。

「世の中銭が全てじゃい!」とは言いませんが、お金が無いというのは精神的にヒジョウにツライです。健康にも影響します。まぁ健康であればお金は稼げる(多くはないけど)わけだし。

Pistaさんが強制帰国させられることは無いと自分は見ますけどねぇ。だって旦那さんは理解がありそうですもん。じゃなきゃ留学にだって出してもらえなかったと思うし。
ベトナム語を習得するための留学を“人生の楽しかった一部の思い出”とするか、“人生の重要な分岐点”として見るか。

偉そうに書きました。すいません。
今、仕事が暇なんで。(^^;

のりすけ さんのコメント...

ん~ん。。。
健康が一番なのは同じですが・・・愛か金かと聞かれると迷いますね。。。

ところで、覚悟が決まったらベトナム永住ですか?
しかも、マスオさんと?
羨ましい気持ちの反面、寂しい気持ちになるのは、私だけではないはずですが・・・。

匿名 さんのコメント...

健康保険や年金等、現実的な問題もあるので、会社命令の駐在でなく夫婦そろって基盤をベトナムに移すのは厳しいかもですね。やはり元々の計画通りにされるのが良いかな~と思います。将来お子さんが生まれたら、幼稚園も日本人学校でさえ、日本より高いですし。
、、、という考えが一般的(古い考え)ですが、これからは色々なビジネスチャンスもあるので、pistaさんご夫婦が、移住してベトナムで成功する先駆けになるかもですね。
せいぜい2000~2500人くらいしか日本人がいないハノイでは、現時点では駐在以外で夫婦で在住の人はかなり少ないと思います。日本料理屋を経営してる方とか、、、。たまに、退職後夫婦で暮らしていらっしゃるのかな~という方も見かけます。夫婦どちらかがベトナム人であれば、基盤も移しやすさは話は別ですが、、、。

日本でも、ベトナム人研修生受け入れとか、ITでベトナムでオフショア開発している会社の窓口になるとか、探せばベトナムの経験を生かせる仕事がありそうですね。

by匿名一号

pista さんのコメント...

>fukudaさん
その順番を選んだ理由を先生に問われ
「健康がなければなにもできない。金があれば
愛も変える」と言ったら、先生がびっくりしてました。
もちろん冗談ですけどね。
「1年留学した。楽しかった。」ではもちろん
終わらせたくないですね。
頑張ります。

>のりすけさん
永住はありえないです(^^;
あくまでもネタです。
夫は「日本なんてもう要らねえ」とか言ってますが
どこへ行っても自分が日本人であるという
束縛からはそう簡単に逃れられるものではなく
しがらみがつきまとうでしょうから。。。

>匿名1号さん
そうなんですよ。
日本の役所に納めなくてはならないもの達が
いつも私の頭を悩ませています。
結婚しているのをいいことに、夫にそういうものを
全部やらせて留学しているのは申し訳ないと
いつも思っています。
もちろん「永住」は考えていません(^^;
私がベトナムにまだあと2、3年いて経験を
積みたいと言えば、彼はやってくるだろうと
それだけの話なんですけどね。
(それもお金を稼ぐ手段があればの話です)

本当にハノイの日本人は少ないですよね。
「友達の友達は友達」状態です。
その中で、仕事関係じゃなく「妻」だけで
留学にくるってケースも珍しいみたいですが☆
ぼちぼち道はつくろうと思います。

匿名 さんのコメント...

「役所に納めなくてはならない者達」は、2~3年の予定ならば、案外解決できますよ。住民票を抜くので、住民税納入不要ですし、年金も払い続けても当てにならないですし。持病が無ければ健康保険はストップし、最近の募集は、大抵の会社が海旅保険もついています。
(子供が生まれると、住民税・健康保険も払った方が得なことが色々あるのですが)

ベトナム北部は、日系企業の進出が多いのに現地採用の候補者は少ないので、男性とか、ベトナム語が話せる若手の女性なら、すぐ仕事は見つかりそうな気がします。先日、英語・越語全く不要の日本人男性の募集を見つけました。
(夫婦合わせて月収$3000、家賃$200のところに住んで、お金を貯め、起業資金に使うもよし、日本に帰ってからの新たなスタート資金にするもよし、、、、(妄想中))

でもpistaさんは、ええとこのお嬢さんのような感じなので、実はご両親の説得が最大の難関だったりして、、、。

by匿名一号

pista さんのコメント...

>匿名1号さん
私が心残りなのは、夫がくると東京の住まいが
なくなるので、日本に帰りづらくなると
いうことなんですよね。。。(^^;
別荘を日本に持つなんて貧乏人の私には
到底無理だし☆

私もこないだ、語学不要の日本人男性の募集を見ました。
でも夫はやくざな(?)自営業を選びそう。。。

私はええとこのお嬢さんでは全くないです。
ベトナムに来る前は確かに父に反対されましたが、
今は逆に父から「せっかくだから、語学だけではなく
ハノイの大学に入って数年勉強してはどうか?」
と提案されてしまいました。
義父からも行く前に「1年で帰ってこなくてもいい」
と言われ、更に義母には「子供を産まないのもあなたたちの
人生だからいいんじゃない」と言われてしまいましたしね☆
(子供を産まないとは言ってないんですが。。。)
うーん。。。帰国できない?

匿名 さんのコメント...

なんて理解のあるお父さんなんでしょう!結構、父親世代ですとベトナム戦争のマイナスイメージしか持ってない人が多いですのにね。
私は中国留学の時は、一切合切売り払ってしまいました。(ベトナムは夫の駐在ですが、最小限の家電をトランクルームに預けているだけです)
物や住居が無くなると、「ああ、自分に必要なものはこれだけだったのね。」とせいせいしたりして、、、。
旦那さんやご両親の理解もあるので、急がずゆっくり決められては如何でしょう♪
匿名一号より

pista さんのコメント...

>匿名1号さん
ベトナム戦争時代は父世代の青春時代ですからね。
マイナスイメージかどうかはわかりませんが
いろいろな思いはあると思います。
6年前の旅行で「ベトナムに癒されに行ってくる」と言ったら
「お前はベトナムのなにを知って、そこに行くんだ!」
と、目的意識の低さを説教されました。

確かに今火事で家が燃えても、そこまで大事なものは
私にはないですね(^^;
でも、ちびた鉛筆を集めて、使ってもないのに捨てられない的な
貧乏性なところがあるので、(私の見ていないところで
誰か捨てて〜)と思いますね。

話は逸れましたが、今まで通りのんびりいきます♪
ありがとうございました☆