2008/10/04

バトルは続くよどこまでも☆


将軍Thoi先生はほんとにすごい。

「9.11事件」の話になった時、
アメリカ人のダニエルに向かって

「ビン・ラディン大好き」

と、本気で語り始める。強者だ。。。


それはさておき、グループ授業でダニエルが
「ベトナム人の離婚率は52%だ」
と言い放った。
私もそれはあり得ないと思ったが、将軍が
「52%をわかってるのか?
100人いたら52人。1000人いたら
520人が離婚してるってことなのよ。」
と、算数からやりなおせくらいの勢いで
くってかかる。
ダニエルいわく、自分のベトナム人の女友達は
2人が離婚していて、3人が離婚を考えている
最中だと言いはじめた。
なんでも、夫が出張が多く寂しい思いをしているとか
一緒に暮らしているがセックスレスだとか
そういう理由らしい。

これまた頑固に52%だと言い張るダニエルに将軍が
「その友達とはどこで知り合ったの?」
「カフェで知り合った」と答えるダニエル。


「。。。彼女はカヴェ ca ve ね」
ca ve:娼婦。フランス語由来の言葉だそうだ)


どっひゃー!人の友達つかまえて
娼婦って言っちゃったよ、この人ぁ。


確かに、「彼女たちはキレイで話も面白いんだ。
仕事?今はしていないらしいけど
宝くじがよく当たるからお金持ちなんだよ」
というダニエルの説明を聞くと
ものすごくうさんくさくはあるが。。。

ダニエルは「彼女たちはそういうんじゃない」と
主張し続け、将軍は「そのうちあなたは騙される」
と、言い続ける。
私は中立なので(もし騙されても、それは彼の
責任だし、彼も大人なのだから、とやかく言う事
ではない)と黙っている。

次の個人授業でも将軍は
「過去に娼婦に泣かされた生徒や知人の話」
を延々とし続けた。
情事の写真をこっそり撮られて、
脅されたりするそうだ。


後日、その話を友達のベトナム人にしたところ
「その人はカヴェだと私も思います」と
普通に即答された。
彼女いわく「何回会ったか知りませんが、
見ず知らずの他人にそんなことを
話しますか?」と。

それが「娼婦の手口」らしい。


将軍いわく「欧米人や韓国人は
騙されやすい。日本人男性は騙されにくい。
男娼はいないので、大丈夫♪」
ということなので、これをご覧の方々は
騙されにくい(もしくは騙されない)部類の
方々だとは思いますが

眼鏡をかけて、PCを操り、上品な服装をした
キレイな女性にカフェで声をかけられたら
ご用心くださいませ☆(将軍より)


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

8 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

あぁ、自分、騙されやすいかもしれない。
のこのこ付いていってお金取られるかもしれない。
今回の記事はめちゃめちゃ参考になりました。
ありがとうございます。

pista さんのコメント...

>fukudaさん
騙されないでください!!(^^;
でも「結婚して子供もできた後に、彼女が元娼婦だと知り
すごくショックを受けている」という先生の知人の話を
聞きましたが、今愛し合ってるならそれはそれでありですよね。
それともそれも「騙された」ことになるのかなぁ。。。

fukuda さんのコメント...

> 「結婚して子供もできた後に、彼女が元娼婦だと知りすごくショックを受けている」

今愛しあっているならOKだと思いますけどねぇ。個々人の考え方だと思います。
なんで娼婦というのは軽蔑されるんでしょうねぇ?お客となる男性を騙して身包み剥ぐということを繰り返していたということなら仕方ないのかもしれませんが・・・。そうじゃなければ、立派とは言えないかもしれませんけど一つの職業だと自分は考えます。
「娼婦=ダメな女」では決してありません。ある目的があり、その目的を達成するためにはお金が必要で、長い年月をかけることができないという場合など条件をクリアする職業が娼婦しかなければそれを選択するものありだと思います。法を犯しているという面では???でsけど。

nihonngoyaroo さんのコメント...

将軍の注意!肝に命じておきます。

しかし日本人男性はなぜだまされない?
人によるような気がする。

いかにも娼婦ってタイプには騙されないが、普通のベトナム人女性には騙されやすいような気がする。

いや、騙された!と思う体験ありだもんな!

pista さんのコメント...

>fukudaさん
職業うんぬんってことより、自分の嫁が不特定多数の男とって
ところが許せないのかもしれませんね。
基本、私くらいの年齢の男性は「結婚するまでは清い体で
いるのが当たり前だろ」と思ってるでしょうから☆
職業に貴賤はないと頭では分かっていても、
嫁を抱こうとすると、体が拒否反応を示すんだよ〜!!(苦悩)
みたいな(^^;

>nihonngoyarooさん
日本人男性は騙されにくい。
将軍お得意の「私の思い込みは絶対!」ってやつです。

そうそう。その将軍のいう娼婦は「いかにも」な服装ではなく
キャリアウーマンっぽい見た目らしいですよ。
それで、「実は夫とうまくいってなくて。。。」
などと、弱さを見せられちゃうと、彼らはきゅんときてしまうと。

でも、「騙される」ということは、おいしい思いも多少は
しているのですから、多少の痛い目は甘んじて受けるべし☆

fukuda さんのコメント...

> 私くらいの年齢の男性は「結婚するまでは清い体で
いるのが当たり前だろ」と思ってるでしょうから☆

なるほど、そういうことなんでしょうね。

nihonngoyaroo さんのコメント...

男女の関係で騙す騙されるってどういうことなんでしょう。
結局、お互いの「思い込み」で、「勝手にそう思い込んだのが間違いでした!」

勝手に思い込んでおいて「騙された!」も無いかも知れませんね。

pista さんのコメント...

>fukudaさん
今は変わって来てるみたいですけどね

>nihonngoyarooさん
一晩限りのアバンチュールなら「騙す」も「騙された」も
ないけど、男の人は彼女の身の上話を100%信じて
彼女に恋して、つきあってるつもりでいたのに
彼女にとっては「仕事」でしかなかったと。
男性の方が純粋なのかもしれないですね☆