2008/10/24

ノルウェイの森をあの監督が!?

「夏至」「シクロ」「青いパパイヤの香り」
の監督、トラン・アン・ユン
村上春樹の「ノルウェイの森」
映画化すると、友人から聞いた。

出演者はオーディションで選んだ日本人。
撮影も日本だとか。

トラン・アン・ユンの、あの素晴らしく
きれいな世界に入り込める人間が
同じ日本人にいるなんて、めっちゃ嫉妬!

あの監督の映画に出れたらあんた、
もういつ死んでもいいわ。ほんま。

でも「ノルウェイの森」は読んだ事ないけどね。


ところで、ベトナム映画が全て
トラン・アン・ユン監督の映画のように
キレイな世界だと思っていたら
ダニエルに借りたDVDを見てたまげた。
「2 Trong 1」
左の映画は、二人の男がお宝を手に入れるために
四苦八苦しつつ、同じ女性に恋しつつな話。
一人の男がお宝のために女装して、
女性に近づくんだけど、彼がまた「ゴリエ」そっくり☆
(意外とかわいいってことなんだけど)

「Khi đàn ông có bầu」
右の映画もコメディで、むさくるしい男たちが
妊娠する話。ダニエルおすすめだったけど
南部方言で全然セリフがわからないせいか
自分の感性が受け付けないのかはわからないが
ちょっと痛い映画だったなぁ。。

アホらしい娯楽映画もちゃんと存在することが
わかってよかった☆


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

10 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

トラン・アン・ユンは越僑なので(12歳でフランスに移住)、やはり西洋から見たベトナムの美しい色彩&アジアの湿度って感じで、ベトナム人とは違う感覚なのでしょうね。一緒に良く挙げられるウォンカーワイも中国出身ですが、5歳で香港に移住しているので、中国人の監督には真似できない映像感覚があります。(でも香港映画は、私が人生史上最高に好きな「少林サッカー」のようなおバカ映画が多いですけど、、、)
by匿名一号

pista さんのコメント...

>匿名1号さん
そうですよね。厳密にはあれはフランス映画なのか?
って思ったりします。(^^;
「季節の中で」もきれいで好きだけど
監督のトニーブイはこれまた越僑(アメリカだけど)
だから、純粋な「ベトナム人」監督の作品とは
雰囲気が違うのかしら。
「Ao lua Ha Dong」の監督はどこの人なんだろう?
「少林サッカー」面白いって聞くんですが、
結局まだ見てません。
中国拳法仲間の中でも人気です♪

ha-nam さんのコメント...

若いときにノルウェーの森を読んで、すばらしさに感動した私ですが、そのノルウェーの森をこれまた大好きなベトナムの監督が撮影するとは。なんだか縁を感じます。

pista さんのコメント...

>ha-namさん
友達がずっと村上春樹を読むのを避けてたけど
大好きなトランアンユン監督が「ノルウェー」を
やるっていうんで、では読んでやろうと思ったが
買いに行くのが恥ずかしいと言ってました。
でも素晴らしいんですね。
機会があれば読んでみたいです(日本語で)

HA-NAM さんのコメント...

是非是非読んでみてください。
きっと素晴らしいと思うでしょうから。
ノルウェイの森も大好きですが、村上春樹の処女作「風の歌を聴け」が私は一番大好きです。

匿名 さんのコメント...

Tran Anh Hungはベトナム人ですが,厳密には,フランスにいる越僑(それもフランスで基礎教育/専門訓練を受けた)人なので,フランス人がベトナムを舞台にして撮った映画といってもいいのではないでしょうか。今のホーチミン市ではそういう芸術的(というのか)な映画を見る人はほとんどいないのが現状です。ホーチミン市では,近いうちにフランスへショート・フィルム製作を勉強しにいく,というテレビ番組制作者の女性もTran Anh Hungなんて知らん,ときっぱり言っていました。ちょっと残念な気がします...

匿名 さんのコメント...

でも,越僑が村上春樹の作品を映画化って...。まあ,フランス人の頭脳の中では,ベトナムも日本もおなじアジアで,さして違いはないのかもしれないが,ちょっと節度がなさすぎるのではないか?しかも何も知らない生粋のフランス人じゃなく,「越」僑なのに。逆に日本人がフランス人作家の小説を映画化しても,彼らがストレートに感情移入できるとは,とうてい思えない。

pista さんのコメント...

>匿名さん
日本のレンタルビデオ屋に「ベトナム映画」として
置かれているものは「夏至」「パパイヤ〜」「シクロ」
「季節の中で」くらいしかなく、私の中では
それが全てでしたからね。
彼がなに人かってことは全然関係なく、ファンに
なりました(^^;
ベトナム人の友達に「シクロよかった」とか言っても
知らないですしね。
節度。。。純粋に「きれいな作品がつくりたい」
だけなのかもしれませんね☆
村上春樹の作品を「ノルウェーの森」しか
読んでないらしいですし、イメージが沸いたから
映画をつくる、それだけ。

匿名 さんのコメント...

私は、トラン・アン・ユンの「ノルウェイの森」期待してますよ。私の双子の姉は村上春樹信者なのですが、私はどうしても感情移入できなくて、、、。「ノルウェイの森」も私にはダメでした。映画も小説も、感じ方は人それぞれなんですね~。トラン・アン・ユンの「ノルウェイー」も観る前にとやかく言っても仕方ないので、語るのは観てからにしましょう!
Anhフンっち(氏)の作品はフランス映画でも無いですが、ベトナム映画でも無い。でも紛れも無くルーツはベトナムで、、、。早くベトナム国内でもフンっち作品の良さが認められれば良いですね。
by匿名一号

pista さんのコメント...

>匿名1号さん
双子のお姉さんがいらっしゃるんですか!?
匿名1号さんのコメントはいつも驚きポイントが
いっぱい隠されていますね(^^;
なんでしょうね。小説は面白くなくても
映画は面白いと思える場合もあるし(逆も)
同じ台本でも違う演出家が違う役者を使って芝居をやれば
これまた全然違う世界がうまれるので
私も期待しています。
作品のよさに肩書きは関係なし♪