2008/07/27

チラリズム。。。反則です!


二胡レッスン(7回目)

今回、先生はシャツの胸元
大きく開けて現れた。
ネックレスを下げている。


先生。。。私が板前フェチと知っての
犯行ですか?

私は板前フェチだ。というより板前さんの
胸元フェチだ。カウンター越しに
料理の皿を出してくれる時、甚平(?)の合わせから
ちらりと覗く秘密空間にどきどきするのだ。
(ちなみに乳首は絶対目にしてはいけない秘宝です)


え?おかしくないよね?
「セーラー服の透けブラ好き」と
同じ感覚だもんね?


で。私は目のやり場に困った。視線が泳ぐ。


先生はシャツのボタン一つで私をどぎまぎさせて
いることにも気づかず、「スカボロフェア」
せっせと書いてくださっている。

どうせなら、練習の最後に書いてくれて
お手本を示してくれて、「次回やりますから
家で練習してきてくださいね」と
言ってくれればいいのに、毎回ぶっつけ本番だ。
当然、弾けない。

徐々に難しくなる練習曲。
さほど上達しない生徒。
いらいらが募る先生。


今回もいろんな意味で緊張を強いられた。


水泳の練習をしているみたいだ。
稽古が終わると自分の周りの酸素濃度が
正常に戻る気がする。


練習が終わると先生は、なんの歌が好きかと
尋ねてきた。
ミスチルっす」とか言ってもわかんない
だろうから、先生の分かりそうなものを。。。と
ひたすら気を使って「島唄です」と言った。
ああ!つまんない!私つまんない!

先生は「島唄」を弾いてくれ
さらに「Jupiter」を弾いてくれた。

知ってるかと聞かれたので、知ってると答えると
「じゃあ歌え」と言われた。

。。。ジュピターをっすか!?
先生!どこまでもハードル高いです!
「歌詞がわかりません」というと
「英語がわからないなら、日本語でいいから」
。。。意味わかりませんよ、先生!

つまんない私。ここで堂々と平原綾香になれたら
すげえかっこいいのにな。。。


先生はいともたやすく森山直太郎になって
「さくら」を歌い始めた。
二胡の練習の時に「レードーレーミーソー」と
歌っているときはひどい声なので
(楽器は弾けるけど音痴なのかな)と
唯一、親近感を持てる部分だったのに
ちゃんと歌うと甘く優しくいい声だった。

。。。歌も歌えるんですね。(棒読み)


なんだかがっくりして帰路につく。

バス停に着いたら先生からメール。

「ちゃんと練習しなさいね。
Anh thích em

ただの「I like you」にどきどきする私。


。。。そんな!そんな、奥さんと子供の
写真が待ち受けになってる携帯から
「好き」とか送られてきたって嬉しくないわよ!


。。。。。。。にやり。

俄然、萎えかけたやる気が復活するのでした☆


「一流の芸術家は、女の扱いも一流」
さすが先生、脱帽です!


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

2 件のコメント:

ちゅちゅろ さんのコメント...

先生…素敵♡
しかも「Anh thích em」だなんて。普通言うものなの?手紙の最後の枕詞みたいに使うものなの??
あたしゃ、絶対勘違いしちゃいそう(笑)
あたしも暴走妄想列車に一緒に乗りまーす!!!

pista さんのコメント...

>ちゅちゅろさん
「Anh thich em」。。。言わないのかな?
私があまりにも、へこんでるので「俺はお前が憎くて叱ってるんじゃないんだ!」ってことなのかと思ってましたが。。。
(^^;
でも、いつも「thay先生」だったので「anh」だったことにどきどきしました☆

この暴走妄想列車に「戻り」はないぜ!