2008/12/28

サパで感じたこと。と、その後☆

正直、貧しいと思った。この子たちなんて
「新宿駅の地下に住むおじさん」を彷彿とさせる
匂いを発している。
洗濯はもちろん、風呂もほとんど入ってないだろう。

かわいそうとかなにかしてあげたいとか
中途半端な同情はできなかった。
彼らを見て、自分は恵まれてるなと思う事もない。

例えば、失恋したりリストラされたりして
「不幸だ。。もう死んでしまいたい」と強く
思ったとして、そんな時に
「裕福な国に生まれて、そこそこ恵まれた暮らしを
してる中で、失恋ごときでこの世で一番不幸
みたいな顔をするな!」と言われても困る。

不幸は外から見えるものじゃなくて
自分の内にあるものだから。

だから、貧しくても自分を決して不幸だとは
思ってないかもしれない人たちに同情するなんて
間違ってるのかなと思ったりして。

そんなことを考えだしたら、頭がぐるぐるして
サパから戻った直後は「幸せってなんだ?」
とか一人で考え込んでしまった。


そんな中、ラムとキエンは1週間に一度は
メールや電話をくれる。
水曜・木曜は客があまり来なくて暇らしい。

ラムは「ごはんちゃんと食べてる?」とか
「pistaいないと元気出ねえよ」とか
かわいいことを言ってくれる。

キエンは。。。
「あいしてる」とか
「俺の人生を全て捧げるよ」
とか、ちょっと怖いことを言ってくれる。


そしてさっきキエンが電話をしてきて
「今、日本人と飲んでるから、話して」

?困惑していると、同じく困惑気味の女性が
「あの。。日本人の友達がいるからって言われて」
と自己紹介をしてきた。軽く話してキエンに
かわる。キエンの後ろに彼女と日本人男性の声。


「日本人だったよ。。。彼女かな?」


違いますよ〜!?
田中さん!(仮名)


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

5 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

> 不幸は外から見えるものじゃなくて
> 自分の内にあるものだから。

同感です。
以前手話サークルに通っていたときに聾者から聞いたのは、『聞こえないことを不便だと思うことはあるけど、不幸だと思ったことはない』という言葉です。(文字です)

不幸や幸福の基準は人それぞれ。気持ちの持ちようでどちらにもなると思うんです。

pista さんのコメント...

>fukudaさん
だからいつでも「自分は幸せ」と思って
明るく生きたいものです(^^;
(へこみやすいので)

fukuda さんのコメント...

> いつでも「自分は幸せ」と思って

これは自分も同じです。
この何年かのテーマは『プラス思考』です。
前向きに、良い方向に考えることで本当に上手くいくんですよね。
宝くじの当選とパチンコはプラス思考でもどうにもなりませんけど。(^^;

nihonngoyaroo さんのコメント...

外国人やベトナム人から「サパはイイ!」と聞くのはそういう現実は見ないで、自然や風景など表面的なことを言っているのでしょうね。私もサパは行きたいので考えさせられます。

たしかに幸福感は心の持ちようなのでしょう。
私事で申し訳ありませんが、病気になる前よりも今の方が幸福感があるのですね。不思議と。今が一番貧しいのに精神的には豊かだと感じます。
完全に開き直れたからなのでしょうか?

pista さんのコメント...

>fukudaさん
あ。でも、常に「ありがとう」を言うように心がけると
宝くじに当たる!みたいな本を前に見ましたけど(^^;

>nihonngoyarooさん
そうですね。ベトナム人ですら、少数民族の物売りに
親切にされても、品物を売るのが目的だから
相手にするなって言いましたもん。

私は大きな病気も怪我も経験した事がないのですが
私が当たり前と思っている「健康」もすごくありがたく
感じられるようになるのでしょうね。

もっと一日一日を大事にしようと思います☆