2008/12/03

おばあちゃん家とそんなに変わらん?(旅その5)

ターバン村に着いた。
一日目の宿泊先のザイ族のおうち。
ザイ族って言っても、普通に洋服を着ているので
キン族との違いはまるでわからない。
一階が居間と台所。二階が寝室。
いわゆる雑魚寝ってやつですかい。
しきりは個人個人に与えられたこの蚊帳のみ。
そして家の裏に水洗トイレ小屋とシャワー小屋が。
シャワーはどうやらお湯が出ないようだ。
別のグループ6人と一緒に泊まったので
計12人の宿泊客と2人のガイド、そしてその家の
家族たち。風呂に入るのはあきらめました☆
午後3時に着き、大してすることもないし
近所になにがあるわけでもないので
みんなはお昼寝タイム
私はキエンに呼ばれて、台所でおしゃべり。
コック長キエンが薪でポテトを揚げるのを
ぼけっと見ている。すると彼が

「ăn cơm Tàu、ở nhà Tây、lấy vợ Nhật♪」

(飯は中国、家は西洋、嫁は日本)

と、言い出した。

日本人女性は夫の面倒をよく見るらしい。
。。。夫をほったらかして留学中の私ですが
なにか?
夜もキエンの手料理。
これまた普通のベトナム料理。
うーむ。「少数民族の特別な料理だよ!」
とかってないのかしら。おいしいんだけどね。

ビールは別料金だが、自家製の焼酎は飲み放題
ってことで、たくさんいただいた。
私の予想に反して、宿泊客は大して盛り上がりを
見せず、ガイドくんたちが「ハッピーウォーター
で乾杯だ!」「踊ろうぜ!」などとけなげに
盛り上げている。

9時を過ぎると次第にみんな寝に入る。
(早っ!。。自分らさっき寝とったやんけ。。。)
遊び足りない32歳pista。

キエンが「ビリヤード行こうぜ!」というので
バー的なものを想像してしまったが、もちろん
そんなものは存在せず、近所の家の軒先に台が
置かれているだけのものだった。
しかもひっそり1ゲームやって即帰る。

その後、西洋人女性たちとキエンが盛り上がって
がんがん飲み始め、私はもう一人のガイドの
ラムとクイズ番組を見ながら静かに飲む。

そして、トイレに立った時。。。

私は目撃してしまった!!!

トイレ小屋の前で熱い抱擁を交わす
キエンと西洋人女性の姿を!!!


「飯も西洋」でござったか。。。


モン族たちが歌や踊りで愛の告白をするという
「Chợ tình」
情愛市場とでも訳しましょうか)
は惜しくも訪ねることができなかったが、
ある意味これが「情愛市場」か!?

本物の「チョ ティン」が見たかったな。。


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

6 件のコメント:

fukuda さんのコメント...

> トイレ小屋の前で熱い抱擁を交わす
> キエンと西洋人女性の姿を!!!

ガイド特権ですね。
その写真も撮れればよかったのに~。
無理かぁ。(^^;

nihonngoyaroo さんのコメント...

・・lấy vợ Nhật♪」?昔そうだったか?
どこの国の男も幻想をもつようですな。

でも、今も日本人女性はベトナム人にとってはあこがれのようですな。

一方で、ベトナム人女性は??

pista さんのコメント...

>fukudaさん
私もガイドになろうかな。。。(^^;

>nihonngoyarooさん
ハノイ人に「嫁は日本人なんでしょ?」と聞いたら
「あぁ。。。でも、日本人女性ってきかんぼうだよね」
と言われてしまいました。。。都会ではバレてる!?
ガイドくん曰く「今のベトナム人女性は働かないから
結婚したくない」だそうです。

nihonngoyaroo さんのコメント...

ガイドくん曰く「今のベトナム人女性は働かないから
結婚したくない」

うーん、ベトナム人男性はもっと働かないし!

この国の未来は?

pista さんのコメント...

>nihonngoyarooさん
たぶん、それを言った子が働き者なので
そう言えるのではないかと。。(^^;
この国の未来は。。。見た感想はどうですか?

nihonngoyaroo さんのコメント...

この国の未来は?
正直、分からないが本音です。

そこそこはいくだろうが、どこまでか?
分からない。

外国人が外から見る事の限界も感じます。
中国人と同じく長期的な視点での考え方が弱いと聞いたり感じたりはしますが、日本人も最近では偉そうには言えませんね。