2009/03/05

ある芸術家のおはなし


去年の年末。
私の胃痛の種の一人だったハイ
前から交換してたPCにメールをくれて
いたずら好きで助平だが、常識のない
とんでもないバカではないことがわかり、
普通にメル友になってた。

そしたらこないだ平日の朝。ハイの同僚で
一緒に魚貝を食べたミン兄貴から電話がきた。

「今から遊ぼうぜ!」

。。。おいおい。仕事はどうした?

カフェやビアホイで昼間からスーツで
酒飲んでるおっちゃんが普通にいる
ベトナムだから、ありなんだろうが。。。

昼間だし、どうせカフェでお茶だろうと
午後の授業が始まるまでという約束で
OKした。

ミン兄貴とその女友達とハイと私を
乗せた車は旧市街を抜け、途中で缶ビールと
大量のお菓子が仲間に加わり、なぜか
ホン河を越え、ザーラム地区へ。。。

「あのぉ。。。一体どこへ遊びに?」

「ピクニックだよ♪」。。。はい?


車が着いたのは、一軒の高床式住居
そして長髪ワンレンで細身の怪しい男性。

「この人は。。?」

「ハノイで有名な芸術家だよ♪」。。はい?


彼の名は「Khanh(カイン)」
彼の庭には空を見上げるたくさんの人型オブジェ。
井戸や木の上に隠れ家的な小屋(?)
登ってみたけど、どちらもめっちゃ怖い☆
庭に立てられたぶっとい柱をふと見上げると

男性の生殖器官。。。(高さ約10m)

隣りの家の壁一面に描かれた熱帯植物の
ようなものもよく見ると女性の。。。

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

ちょっと芸術的な珍宝館かっ!!!

そう。彼の作品の全ては「性」がテーマなのだ。


高床式住居の床下は彼のギャラリー。
性的な匂いのする絵画の数々。
男女が散歩してる一見プラトニックな絵もあり
ほっとしていたら、作品中の壁に
「ここでセックスするな」と書かれている。
意味がわかるかと問われ
「公共の場所でしてはいけない。。でしょ?」
と優等生的に返すと
「違う!するなと言われるとしたくなる!
。。。そうだろ?(にやり)」。。。あっそ。


その後、5人で宴会。

カイン氏は「エロスの素晴らしさ」を熱く語る。
別に性的行いが大好き!というわけではなく
「俺が大統領だったら都市名を『尻』とか
エロスを感じさせるものに変える」だとか
「美しくて清潔な小川をつくり
そこで男女を全裸で遊ばせたい」だとか
挙げ句「君たち、ビールの口移し
ぼくに見せてくれないか?男女のそういう姿は
非常にセクシーだ!!!」と真剣にのたまう。
(そんな彼は元・公安
にやにやしながらビールを口に含むハイ。
拳の準備をする私。

なんなんだ!この世界は!!

しかも「1年もいて、ベトナムに恋人が
いないのか?あと1ヶ月ある!やるんだ!
なに?浮気はできない?してもみないで
なんでわかるんだ!してから言え!」

と説教をかまされた☆。。。ふっ。

余談だが全く同じセリフを男性の友人にぶつけ
(浮気ではなく風俗だったが)
後日「お前のせいで穢れた!」と泣きながら
詰め寄られたことがある。

挑発に乗る乗らないは自己責任なのです。


授業は結局行けず、昼間から酒とエロ。

「最近どうよ?」

「chìm đắm trong tửu sắc」
「酒と色に溺れてるよ♪」

(chìm đắm 溺れる、trong 〜の中に
tửu 酒、sắc
色)

そんなの嫌ぁぁぁぁぁ!!

クラスメートで考古学を勉強しにきてる
フランス人のポールに話したら

「あ。俺も会ったことある!」と。

一応、本当に有名人なのか?


カイン氏のHPはコチラ


コメントもしくは↓をクリックいただけると
元気が出ます

☆☆☆にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ☆☆☆

☆☆人気ブログランキングへ☆☆

4 件のコメント:

かず さんのコメント...

面白い!
わたしもカイン氏にお会いしてみたいなぁ。
でも穢れそうで嫌だ。
HPも見たよ。
怖くて部屋には飾れないわ~。

帰国は来月なの?
土産話、楽しみにしてるわ。

pista さんのコメント...

>かずさん
なんか「暗黒舞踏」的なこともやってるらしく
「日本のプトーのDVDを見たことがある。素晴らしいかった!」と
真似して見せてくれたんだけど、怖かった。。。
獣の鳴き声みたいな音楽ずっと流れてるし。。。

帰国は今月末です。よろしく☆

Indra さんのコメント...

導入..インドラ私の名前...私パレンバン、国から来..お客様の情報は、感謝の

pista さんのコメント...

>Indraさん
こんにちは。パレンバンですか。
ありがとうございます♪