2010/02/02

ためにならない性教育のおはなし


ベトナムの性教育はとても遅れているようだ。

日本のように「性教育ビデオ観賞会」は
行われないらしい。
今思うとあれは、遠足や体育祭などと並ぶ、
小学校の素敵な思い出の一つだ。

それはそうと、ベトナム人は性に関して
あまりに無知なので、外資系の会社では、
社員教育に性教育が含まれているという。
本当だろうか。

どの程度に無知かというと、
「初潮の時にパニックを起こす」
「ブラをつけるとガンになると思っている」
「処女膜がなにかを知らない」
「精子を飲むと妊娠すると思い込んでいる」
らしい。(by VIETJO


なるほど、そうなのかと思っていたら、
本屋で一冊の性教育本を見つけた。
韓国のマンガをベトナム語に訳したもので
「お年頃の悩み☆カラダって本当に不思議」
的なタイトルがつけられている。

母親にその本を買ってくれとねだる子供の横を
(買っておやりなさい)と念じながら
すり抜け、本を手にレジへと向かう。

読んでみると、なかなか面白く、内容が濃い。
ブラジャーひとつにしても、その選び方、サイズ、
着けかた、洗いかたetc事細かに書かれている。

みんな!この本をしっかり読んで勉強し
世界で最も中絶率の高い3カ国の一つという汚名を
早いとこ、払拭してほしい!


わたくしは、エロな好奇心からこの本を
手に取ったのではもちろんなく、身体の仕組みに
関わるベトナム語について勉強しようと
一教材として、この本を買った事をここに
明記した上で、新たに習得しました語句について
ご紹介させていただきます。


「へ〜。。。男の子の生殖器官を
"quả ớt"(クワー オット:とうがらし)
って表現するんだぁ〜」

。。。以上です。


コメントもしくは下のバナーをクリックいただけると
元気が出ます☆


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

人気ブログランキングへ

27 件のコメント:

ユドウフ さんのコメント...

もう、学校で読むのを辞めようかなっと思いました(笑)。
そういうよくあるものを隠語に使うと”とうがらし”の話をしたいときに恥ずかしくないんだろうかと思いますが。。。
とにかく、本当にpistaさんのブログは勉強になります。

pista さんのコメント...

>ユドウフさん
学校に不要な物は持ち込まない!(笑)

よりによって、どうして”とうがらし”なんでしょうね。
そこらへんの謎を解明しようとネットで調べて
みたのですが、わかりません(^^;
おそらく「ポークビッツ」あたりと同じ起源かと思われ☆

gontanotango さんのコメント...

「形」ではないし、「緑から赤」の色でもないし、私の結論は、弾けると「種が沢山」に至りましたが、恐るべし「ベトナム隠語」の世界」!
『ベトナム隠語辞典』Pista編の続編を期待!
Phim con heoは鮮明に頭の中にインプット。
あと、「どこかでサッカーの試合」はあまりに長文過ぎて、インプット不可。

pista さんのコメント...

>gontanotangoさん
弾けると「種が沢山」なるほど〜。
奥が深いですね。
私は「形」だと思っていました(^^;
「ゴザ通りでサッカー」は覚えにくいですよね。
では、今後も楽しく覚えやすい”ホットな”
ベトナム語をご紹介させていただきます☆

hitomi(male) さんのコメント...

医療人として一言。
で、ベトナムでの大問題は、性病の蔓延なんです。性病はhoa lieu スペリングは自信なしで、漢字にすると「花柳」病かな 梅毒、淋病でしょうか。エイズは死んじゃうのでシダーです。これからは子宮頚癌の蔓延が予想されます。
産科医はぼろ儲けですけどね。

日本でも、女子高生、女子大生はハイリスク集団ということになります。上と下で感染するので男子の二倍のハイリスクになるのです。

匿名 さんのコメント...

初めまして、ルスカヤといいます。
 「ハノイ 移住」で検索したら、ここがヒットしまして、面白かったので、最初から読ましてもらいました。
 更新楽しみにしています。

pista さんのコメント...

>hitomiさん
性病の蔓延!怖いですね。
感染経路がはっきりしているんだから
これだけ予防しやすい感染症もないと
思うのですが。。。
とにかく、そういうことも含め
きちんとした性教育は必要ですね☆

pista さんのコメント...

>ルスカヤさん
はじめまして。
ハノイに移住するご予定ありですか?
あまり参考にならないかもしれませんが
またよろしくお願いします♪

のりすけ さんのコメント...

え~と。。。生きてる??

pista さんのコメント...

>のりすけさん
しまった。。。
また、更新をさぼってしまった☆

gontanotango さんのコメント...

これが「隠語トウガラシ」の回答だ!という写真がありますが、どのようにしたらお手元に届けられるでしょうか?

友人曰く『世界三大離婚率の高い国ベトナム』とのことですが、御引用の『世界三大中絶国』の一つは日本であろうと想像しますが、もう一カ国はどこでしょうか?

それでこのような統計はどこを調べれば出てくるものでしょうか?

pista さんのコメント...

>gontanotangoさん
隠語トウガラシ写真。。。見るのが怖いような☆
そうですね。。。mixiでピスタ、ベトナムで
検索していただくとか。

http://www.un.org/esa/population/publications/2007_Abortion_Policies_Chart/2007AbortionPolicies_wallchart.htm
の統計表を見てみましたが、よくわかりません。

ひとみ(男性です) さんのコメント...

ゴンタノタンゴさん
日本の中絶件数は80年代のビーク時から激減していて、最近は30万件台では?。
中絶率は20パーセント前後でアメリカと同じくらいと記憶してます。
確か母体統計というのが日本にはあります。
アメリカはCDC疾病・?・センターが発表してます。
でも、統計のない国が多いし、統計に乗らない中絶も多いから、ホントのところはわからないですよね。
ベトナムの統計が当てになるかどうか。実際はもっとはるかに多いのでは、と思いますけど・・・だって、ここの人たちセックスについて、あまりにも単純稚拙なんだもの。そして男たちは異常に大好きなんですよ

gontanotango さんのコメント...

ひとみさん

「80年代のピーク時から激減して30万件」ということは、80年代は100万件超だったのですか?

又、「中絶率が20%台」の分母は何になるのですか? 出生数でしょうか?

しつこくてすみませんが、Pistaさんが更新しないので、この場を盛り上げるべく、又こんなことを聞ける友人、環境でもないため、よろしくご指導ください。

pista さんのコメント...

>ひとみさん
私の代わりに、gontanotangoさんに
答えてあげてください(^^;

>gontanotangoさん
ブログ放置しててもコメントで
盛り上がってくれる方たちがいて
嬉しい限りです♪
(すみません、更新します☆)

のりすけ さんのコメント...

pista君。多くの越南指南ファンが更新を待っているよ♪
これからは貯め込んだネタを小出しに毎日更新して行こう!!
まぁ異国の地で生きていくのは大変なんだろうけどもね。。。

pista さんのコメント...

>のりすけさん
確かに、コメントだけが細々と増えているのも
いかんよね(^^;
そんなに大変でもないんだけど、最近夫と
しか会わないので、ネタがベトナムネタじゃなくても
いいですか?(だめか)

ひとみ さんのコメント...

GONTANOTANGOさん
80年代はゴメンナサイのミスタイプで、日本で母体統計が取られた1955年も143万件余りで、それから急減しているのですが、1945年に戦争が終わってからの混乱期、人工中絶は凄かったわけです。夜のテレビが爛熟期に入るまでは、スルことはそれしかなかったわけだし・・・ね。
人工中絶率の分母は、出世児プラス報告されている中絶児です。報告されない数は多いはずです。
ベトナムの性文化の問題点は、生殖型セックス一辺倒だということです。わたしのスタッフ(芸能人)と、オーラルセックスについて、真剣にお話したとき、ベトナム・ホンコ!!!!(ベトナムにはないわ)ということでした。スタッフにはキチンと豊穣なる女性上位の性教育をしないとヤバイことになります。ビジネス展開上、リスクなのです。

gontanotango さんのコメント...

ひとみさん、

御回答ありがとうございます。

御説明の前半はしっかり理解が出来ましたが、後半部分は全く理解ができません。

Pistaさんをほったらかしにしての再質問ですが、
1.「生殖型セックス一辺倒」とのことですが、他のブログではそのようなことではなく、男も女も「何時でも臨戦態勢」のようにかかれておりますが、実際はちがうのですかね?
2.ひとみさんご自身ご紹介「医療関係」とされていると思っていますが、そのスタッフが「芸能人」なのですか?
3.ベトナムではスタッフに「キチンと豊穣なる女性上位の性教育」をしても、セクハラで後ろ指さされることはないのですか?
4.「キチンと教育」をしないと「ビジネス展開上、リスクになる。」とはどういうリスクなのでしょうか?

しつこくしつこくすみません!

ひとみ(MALE) さんのコメント...

gontanotango さん

憧れのPista殿、スミマセン。
仕事の合間で断片的になりますけど・・・。
1.「何時でも臨戦態勢」の意味が少し????なんですけど、儒教の影響が大変に強い一面、北も南も南国ですら、性に大らかという二面性があります。
問題は、情報量が日本などと比較して圧倒的に少ないために、極めて単純な性文化になってしまうのです。たとえばSMクラブについて調査したのですが、見つけられませなんでした。
ご質問とかみ合わなかったら、また、ね。

2.美容系「医療関係」で、外面的な美人にするだけでなく、美的才能も育てるという方針なのです。それで、発掘した少女を有名人にプロデュースしています。VAN NAVYが有名にした成功例です。
お客様が憧れるようなスタッフでないと仕事になりませんよね。

3.「キチンと豊穣なる女性上位の性教育」は、セクハラではありません。
スタッフが悪い男、生殖型セックスしか知らないような野蛮で単純な男のいいなりになると最悪の結果を招きます。そうはならないための女性上位です。ご理解いただけますか?
女性上位は多様ですけど、その辺は・・・
ということに

4.育成中の美女が悪い男に引っかかると、酒井法子事件のようなことになり、大被害を蒙ることになります。以前のプロダクションのように恋愛禁止としたいのですが、そうできない以上、私生活までキチンと管理することが必須なのです。

pista さんのコメント...

>ひとみさん、gontanotangoさん
あとは若いお二人で。。。ほほほ
(仲人風)

gontanotango さんのコメント...

ひとみさん、

ヤケ気味で『ほほほ。』なのかPistaさんのご了解を得た、との前提で再再質問です。

1.「何時でも臨戦態勢」という意味は、「いつでも」、「どこでも」、「だれとでも」等5W1H的な印象を受けています。

2.業界が違うとはいえ、「医療系のご職業」でお仕事の一環で「SMクラブ調査」でおまんまを頂けるのでしょうか?

3.恥ずかしながらお聞きしますが「Van Navy」とは誰ですか(なんですか)?

4.「女性上位」とは、女性が指揮権を持って「生殖型」ではない「快楽型」を目指せ!ということですか?

5.ベトナム社会では、「商品に手を出すな!」とか「つまみ食い禁止!」の企業倫理は存在しないのですか?

6.「私生活までキチンと管理」するには24時間一緒に生活しないといけないでしょうから、育成中のスタッフが沢山おられるのだったら、ひとみさんは「ハーレムの将軍」のような存在なのですか?

Pistaさん、イケメン旦那に『10万ドンやるからちょっと飯屋でも行ってネタ拾って来い!』と言ってもらわないと、どんどんあらぬ方向に走り出しますよ!

2,3日前なんか、「えっ? これがPista o Hanoi」と2チャンネル入りしたのかとおもっちゃいました。

ひとみ(male) さんのコメント...

gontanotango さん
再再質に。
2.医師に対していささか失礼な物言いとは思いますが、臨床心理に関係する医師、性科学研究者は、性的営為の一つ一つを真剣に研究しています。すべてに精通していないと治療は不可能です。

3.Van Navyについては、YouTube、Googleなどでお調べ下さい。彼女出演のテレビ番組などは日本でもネット視聴できます。

4.「女性上位」とは、女性が指揮権を持って「生殖型」ではない「快楽型」を目指せ!ということですか?
 わたしが手塩にかけてきたスタッフにはそのように教育してきています。

5.ベトナム社会では、「商品に手を出すな!」とか「つまみ食い禁止!」の企業倫理は存在しないのですか?
 この質問は理解できません。わたしが商品に手を出しているかのような印象を与えかねない質問です。

6.「私生活までキチンと管理」するには24時間一緒に生活しないといけないでしょうから、育成中のスタッフが沢山おられるのだったら、ひとみさんは「ハーレムの将軍」のような存在なのですか?
 この質問も理解できません。
わたしは医師として、また小説作家、プロデュサーとして真面目に、赤裸々にお答えしてきたつもりです。
はっきりと言って非常に不愉快です。

gontanotango さんのコメント...

ひとみさん

回答頂きましたこと感謝するとともに、私の質問がひとみさんを不愉快にさせてしまったことを深くお詫びします。

異業種ご従事のコメントに対し、決して興味本位でお訊ねしたつもりはなかったのですが、そのように受け取られてしまったことは、誠に申し訳ありません。

お許し下さい。

pista さんのコメント...

>ひとみさん、gontanotangoさん
私のように直接ひとみさんを知っていれば別ですが、
「つまみぐい」しているととれなくもない
コメントだったかもしれませんね。
ひとみさんもそう気分を害されずに。
gontanotangoさんもこれに懲りずに
(私もブログ更新していきますので)
またお二人とも遊びに来て下さいね♪

ひとみ さんのコメント...

はい、はい、女王様・・・あれっ、違ったっけ・・・ひとみは冗談を言えない、理解しないカタブツですものね。
gontanotangoさん…これに懲りずに仲良くしていただけたら嬉しいです。
更新に早速コメント入れますね

Etsuko Hasegawa さんのコメント...

肩こりがひどいので

シップをよく貼りますがたらーっ

あまり効き目が・・・

でもこれはビックリ!

凄く効きましたグッド

タイガーバーム湿布、 優れものです。

http://tigerbalm.50webs.com